Skip to content

FOREVER BONDED

永遠の絆.

芸術作品の創作は私にとって限りなく個人的なものです。 作品を封印した後、筆を置く頃には、私はすでに作品に愛着を持っています。 完璧な世界では、私のギャラリーに入る価値があると私が信じている各作品は、決してそうすることはありません。なぜなら、それは私のものとなり、販売されないからです。 しかし、残念なことに、私を取り巻く世界は完璧ではありません。 自分の芸術、そしてある意味では自分の一部と決別しなければならないことを受け入れたとき、自分自身を売るという行為に敬意を払う必要があることがわかりました。

私のギャラリーから各アート作品が販売されると、私の体にタトゥーのリマインダーが貼られます。 顧客の名または姓(または彼らが快適だと感じる名前)、アートワークのタイトル、および販売日が私の肌にタトゥーとして刻まれています。 おそらく幅が 3 ~ 4 インチのこの恒久的な追悼の言葉はビデオに録画されており、私と接触する人なら誰でもその結果を目撃することができます。

おそらく、私のアートワークを手放したことに対する部分的な罰かもしれませんが、タトゥーはその取引を永久に思い出させるものです。

The creation of a piece of art is unrelentingly personal to me. By the time I have laid my brush after sealing the piece of art I am already personal attached to the artwork. In the perfect world each piece of artwork that I believe is worthy of entering my gallery, would never do so, for it would remain mine and not be sold. But, alas the world surrounding me is not perfect. Upon accepting that I must part ways with my art, and in some ways part of myself, I found it necessary to pay tribute to the act of selling one’s self.

Upon the sale of each piece of art from my gallery, a tattooed reminder is placed upon my body. The customer’s first or family name (or whatever name they feel comfortable with), the title of the artwork and the date of sale is tattooed into my skin. Perhaps Three or four inches in width, this permanent tribute is video taped and the result can be witnesed by anyone coming into contact with me.

Perhaps partially punishment for letting go of a piece of my artwork, the tattoo is a permanent reminder of the transaction.

en_USEnglish